NYダウ先物
NYダウ日足
ナスダック株価
日経平均株価
CMEのグローベックス先物
ドル円のリアルタイムチャート
MT4
RCI3本
無料のEA
日々公表銘柄
平均足
日経平均株価を予想
ストップ高
ボリンジャーバンド
騰落レシオ
 シカゴ先物日経平均の推移

東京株式市場はNYダウ先物やナスダック先物の影響を受けて上下します。 翌日の寄付き値を予想するときに便利なのがシカゴ先物日経平均の推移のチャートです。 米国株式市場がクローズドしたときのCME清算値にサヤ寄せして寄り付きの株価が決まることが多いです。 ただ、個別株の配当額や金利、国内のファンダメンタルズを反映して、ダウが下落していても上昇してスタートすることもあります。


シカゴ先物日経平均の推移を分析すると、ファンドの建玉がどちらに傾いているか判断できます。 円やユーロといった主要通貨はCFTC(全米先物取引委員会)より証券取引所(IMM)で建てられている玉の残高を公表するように規制されています。 為替先物だけでなく、WTI原油先物や金、銀といった商品相場も公開するように義務付けられています。


IMMの投機筋のポジションは毎週公表されてはいますが、今週の統計値は3日間の情報の遅れが発生していることに注意してください。 シカゴ先物日経平均の推移を見て大口投機家が大幅に買い越ししていても、現在もそのポジションを維持しているとは限りません。 ただし、過去のデータを分析すると相場が転換する重要なタイミングでは1周間単位で明らかな増減があります。
日経平均株価が上げ相場に入ったときには大きく買い越ししている証券会社が多いですが、上昇し終わって相場が落ち着くと高値圏でも買い持ちが減少するパターンがあります。 テクニカル指標の過熱感がある状態で投機筋の利益確定売りを吸収できるだけの買いが入る相場というのは、大相場になるローソク足のパターンが多いです。


IMMのポジションが大きく変動するときというのは、大きく上げて株価が数ヶ月横ばいになり、さらに高値を更新するようなときです。 売り時では、暴落してあまりリバウンドせず安値圏でホッグ相場を形成して、さらに安値を更新する値動きのときは積極的な売り仕掛けが行われます。 CME清算値も暴落して返ってくることが多く、十字足や小陰線を形成しながら2〜3%のマイナス幅となることがあります。 ザラ場中もCME先物の値が下落し続けるというケースもあり、その場合は中陰線や大陰線になります。

一目均衡表 増担保規制
空売り 両建て手法
シカゴ先物 現引き
売り禁 RSI
MACD パラボリック
移動平均乖離率 ローソク足
ゴールデンクロス ストキャスティクス
信用残