NYダウ先物
NYダウ日足
ナスダック株価
日経平均株価
CMEのグローベックス先物
ドル円のリアルタイムチャート
MT4
RCI3本
無料のEA
日々公表銘柄
平均足
日経平均株価を予想
ストップ高
ボリンジャーバンド
騰落レシオ
 5日と25日移動平均乖離率をチャートに表示する

移動平均線からの乖離率が高くなると株価がもとの水準まである程度戻ろうとしますが、この水準是正のモメンタムをサヤ取りにする手法が今人気です。 この株売買は移動平均乖離率手法と呼ばれています。 特に5日と25日が有効とされていますが、欧米の株式市場では10日、20日、100日というきりの良い数字が頻繁に設定されます。


リアルタイムチャートで株価を分析していると、たまにエンベロープやトレンドライン、ボリンジャーバンドの線からはみ出すような急騰・急落がありますよね。 暴落したり暴騰すると25日移動平均乖離率から大幅に乖離することになりますので、よっぽど特殊な株の売買要因が出ていない限りリバウンドや押し目狙いの逆張りが有効です。 5日移動平均乖離率の手法を有効化するには、業種や日経平均株価指数など投資対象ごとにエントリーするパーセンテージを最適化しなくてはなりません。


たとえば、電力株やガス株などディフェンシブ性が強い銘柄群は日々の変動率が低いため、乖離率は4%以下で設定しなければシグナルが出ません。 次にディフェンシブ性の強い医薬品株や鉄道株などは6%以下で判断しましょう。 逆に、NYダウやナスダックなどアメリカ株指数によってボラティリティーが高まりやすいハイテク株やIT銘柄は10%程度は確保しておかなくてはなりません。
株の売買手法はインターネットの掲示板で個人投資家の間で盛んに議論されていますが、日本国内よりもアメリカやイギリスなど欧米の方が活発です。 そこで英語で取引の案を検索するときに必要な言い回しを覚えておきましょう。 移動平均乖離率を英語に直すと、the percentage of variance from moving average lineといいます。


乖離率は、{(当日の終値−移動平均値)÷移動平均値}×100という単純な式で計算できます。 わざわざチャート乖離の幅を直接読み取らなくても、MT4ではどれだけ移動平均線から離れているかを表すインジケーターを提供しています。 このテクニカル指標は、下がっている途中で下がり過ぎたら買い、またはその逆というように、グランビルの売買サインを数値化したものといえます。

一目均衡表 増担保規制
空売り 両建て手法
シカゴ先物 現引き
売り禁 RSI
MACD パラボリック
移動平均乖離率 ローソク足
ゴールデンクロス ストキャスティクス
信用残