NYダウ先物
NYダウ日足
ナスダック株価
日経平均株価
CMEのグローベックス先物
ドル円のリアルタイムチャート
MT4
RCI3本
無料のEA
日々公表銘柄
平均足
日経平均株価を予想
ストップ高
ボリンジャーバンド
騰落レシオ
 MACDのシグナルをチャートの設定で変える

オシレーター系指標であるマックディーは2つのラインからシグナルを算出します。 一つ目はEMAという指標で、指数平滑移動平均という線で、普通の移動平均線よりも直近の株価推移に重み付けしてあるので、データの反映が早いという特徴を持っています。 2つ目は短期EMAから長期の指数平滑移動平均を引いて算出したMACDをさらに移動平均化したものです。 この2つ目のチャートのシグナルが売買サインとなります。


MACDのパラメータとして、長期EMAは26日間、短期平滑移動平均線は12日間の期間を設定します。 MT4などのリアルタイムチャートではこのデフォルトの設定のまま使用している人が非常に多く、シグナルを算出するためのパラメーターを変えている人はかなり少数派です。 移動平均線のパラメーターは短くすればするほど頻繁に売買サインを出すようになりますが、同時にテクニカルのダマシも多くなる傾向にあります。


マックディーのシグナルをMT4のリアルタイムチャートで活用したい場合は、平均足との併用をオススメします。 なぜ単独のテクニカル指標で売買サインとしないのかというと、適切にパラメータを設定しないとダマシが多いからです。 個別株や通貨ペアごとに最適化することをオススメしますが、株の初心者やFXを始めて間もない投資家は難しいのです。
併用するインジケーターがなぜ平均足なのかというと、トレンド相場に強い指標だからです。 RSIなどのオシレーター系指標であるMACDは、極端な暴騰や暴落に弱く、大損してしまうシグナルも出してしまうのです。 そこでローソク足の強みを活かした平均足でダマシを排除すれば、投資成績の向上に寄与するのです。


金融引き締め策や地政学的リスクなどが株安要因となって世界同時株安が発生した場合は、値動き(ボラティリティー)が大きくなるためサヤ取りのチャンスです。 逆に、買い進まれて高値圏で横ばい状態になっているときやボラティリティーが縮小する局面ではトレードを控えるようにしましょう。 そのようなホッグ相場ではMACDも平均足も正確な売買シグナルを発しません。

一目均衡表 増担保規制
空売り 両建て手法
シカゴ先物 現引き
売り禁 RSI
MACD パラボリック
移動平均乖離率 ローソク足
ゴールデンクロス ストキャスティクス
信用残