NYダウ先物
NYダウ日足
ナスダック株価
日経平均株価
CMEのグローベックス先物
ドル円のリアルタイムチャート
MT4
RCI3本
無料のEA
日々公表銘柄
平均足
日経平均株価を予想
ストップ高
ボリンジャーバンド
騰落レシオ
 日経平均株価の終値を予想する

日経平均の終値を予想するには、NYダウCME先物やアジア株価などのリアルタイムチャートと経済状況のファンダメンタルズの分析が必要になります。 直近の経済指標の発表を受けた株式市場の反応と、これから発表される経済指標予定を考慮して、売買高の変化も予想しなければなりません。


株価の動向と売買高(売買代金)のボリュームは相関性があります。 また、株価のトレンドが上昇しているにも関わらず出来高が伴っていなければ、実体の薄い株取引によってモメンタムが形成されているとみなされます。 例えば、終値に向けてヘッジファンドによる日経平均株価先物の買い仕掛けが誘発する株高です。


個別株の出来高の推移を見れば、様子見で一部の投機筋だけで買い上がっているのか、実需の買いが入っているのかが分かります。 年金基金や投資信託などの実需筋は下値メドに接近したと判断すると押し目買いを入れる傾向が強いです。
逆に投機筋の短期的な値幅取り資金は、直近の高値メドに近づくと空売りの買い戻しを狙った買い物を先物に入れる傾向にあります。 投資顧問会社や証券ディーラーなどの投機筋も、値幅取りするためにヘッジファンドの大口の売買に乗っかることが多いので値幅が大きくなります。


こうした株式市場の特徴をふまえると、注目株や仕手株がファンダメンタルズと比較すると、説明のつかない割高水準まで株価が上昇する理由が理解できます。 為替相場が円高、円安に振れる局面は、日経平均株価の終値が予想しやすい時期です。

一目均衡表 増担保規制
空売り 両建て手法
シカゴ先物 現引き
売り禁 RSI
MACD パラボリック
移動平均乖離率 ローソク足
ゴールデンクロス ストキャスティクス
信用残